賃貸をリノベーションしょう

賃貸の価値を上げる方法とは

不動産投資でマンションやアパートの1室を購入してそれを人に貸す人がいます。賃貸収入を得ることで、本業とはまた違った収入源を得ようとする会社員も増えてきているのです。このように賃貸物件を購入して貸し出す方法は魅力的な投資方法といえますが、実際にはいくつかの問題点があります。その問題点の1つが建物の老朽化です。日本の場合は新しい建物ほど人気があり、古い建物が必然的に賃料を安くしないと人は入らないことになっています。この場合、建物に何も手を加えなければ賃料を安くして収入を減らすしか方法はありません。
ですが、リノベーションをすることで建物を新しくすることができるのです。それによって賃料を下げることなく家賃収入を得ることが可能になります。

そもそもリノベーションとは何か

そもそも、リノベーションとは何でしょうか。リフォームとリノベーションを混合している人がいますので、この2つを比べてみると、リフォームは新築の頃の価値に戻すことが目的であるのに対して、リノベーションは新築の頃よりも価値を上げる方法です。つまりリノベーションと言えるためには、単に壁紙を変えたりフローリングを取り替えるだけではだめなのです。では価値を上げるとはどのような方法で行うべきでしょうか。
建物の価値を上げる方法の1つに間取りを変更する方法があります。例えば主婦の立場からすれば家事動線はとても重要になりますが、家事がしやすいようにキッチンの作りを大きく変更したり、キッチンの位置を移動させてしまう方法などです。このようにすることで、従来より家事がしやすくなり、より合理的に動くことができるため価値が上がるわけです。

三鷹の賃貸は、閑静で落ち着いた環境の中に存在する物件が多いため、優れた住環境を求めて物件探しを行う場合に最適です。