無駄じゃない!賃貸生活

購入すると修繕費用やリフォーム代、色々経費がかかります

賃貸生活では家賃が出て行くばかりで、無駄な出費なのでは?と思うかもしれません。では、本当にそうなのでしょうか。家を購入した場合と比べてみて、状況によっては決して賃貸は無駄ではないと気づくと思います。まず購入すると毎年支払う税金、給湯器やエアコンが壊れたら自分で購入、お風呂やキッチンも時間が経てばリフォームなどが必要になります。一戸建てなら屋根の補修や外壁塗装も定期的に必要になりますよ。賃貸生活はこれらの金額は負担することは殆どありません。
住宅ローンも借入金額が大きいと、返済期間は何十年にもなります。ローン借入時の諸経費、金利なども積み重ねていけば大きな出費となります。もちろん賃貸ならこれらの金額を負担することはありません。

転勤族の人や住みたい場所が決まっていない人は

修繕やリフォームなどの一時的な大きな金銭負担や、長期間の住宅ローンの返済などは人によっては心理的、時間的な負担になるかもしれません。これらを無駄と思うかどうかは人それぞれでしょう。もし、負担に感じる人は購入せず賃貸することで無駄を省くことができますよね。
また、物理的に賃貸生活を選択したほうがお得になるケースもあります。例えば単身で転勤の多い会社に勤めていて、社宅などがなければ必然的に賃貸を選択することになります。1つの場所に自分で家を購入してしまうと、すぐに住むことができないなどの理由で無駄になってしまう可能性があります。また、住みたい場所が決められない人にとっても、気持ちが固まるまでは賃貸のほうがお得かもしれません。

滝川市の賃貸マンションは、フリーレントという何ヶ月かの間は、家賃や駐車料金などが無料になるお得なサービスを行っています。